おすすめキャットフード

【2020年】シニア(高齢)猫用のキャットフードおすすめランキングBEST5!

7歳からシニア期に突入する猫ですが、いつまでも元気でいてもらうためには、キャットフードも食べやすい物を選択する必要があります。

年齢を重ねていくごとに大切なのが、腎臓に負担がかからないように、脂質は少なく、たんぱく質をしっかり摂らせることです。

しかし、高齢猫に重要なキャットフードとは、実際にどんな物がいいのか、わからない方も多いでしょう。

そんな方のために、高齢猫でも安心して食べ続けることができるキャットフードを解説していきます。購入を検討している方は、参考にしてみてください。

シニア猫の健康維持をサポートしやすいモグニャンキャットフード

高齢猫におすすめなキャットフードとして、第一に紹介したいのが「モグニャン」です。高齢猫になると配分が難しい脂質が16%と、丁度いい量になっているので、猫の体に負担がかかりにくいのがおすすめポイントになります。

具体的に、どんな部分が高齢猫におすすめなのか、詳しい内容を解説していきましょう。

高たんぱく低カロリーの白身魚がメイン

メインの食材は白身魚と、消化吸収がいい原材料が使用されているので、エネルギー不足になる心配がありません。

また猫の体を作る上で重要なたんぱく質も豊富に含まれているので、年齢を重ねても筋肉の量が減っていく不安も解消されます。

栄養バランスがいい

野菜やフルーツもバランスよく配合されていることから、栄養をちゃんと摂取できるようになっているのが高齢猫におすすめ理由です。

たんぱく質も重要ですが、猫の体にとって食物繊維も炭水化物も大切な栄養素になります。バランスのいい食事で、健康的な体作りを行ってあげましょう。

小粒サイズで食べやすい

モグニャンは小粒サイズで、高齢猫でも食べやすい大きさであることから、安心して毎日与え続けることができます。

喉に詰まらせてしまう心配も軽減されるのでおすすめです。

シニア猫に必要な栄養素がバランスよく配合しているカナガンキャットフード

グレインフリーで人工添加物が一切入っていないのが特徴の「カナガン」。高齢猫の腎臓に負担がかからないように、安心して食べさせることができるのがポイントです。

具体的には、どんな部分が高齢猫におすすめのキャットフードなのか、詳しく解説していきます。

シニアの体を労わる成分が豊富

カナガンには、高齢猫の体を労わってくれる成分が豊富に含まれています。成分としては「グルコサミン」「コンドロイチン」、「DHAを含むサーモンオイル」といった内容です。

骨格を維持するために重要な栄養素が入っているので、いつまでも若々しい体を維持することができます。

良質なたんぱく質が含まれている

猫にとってたんぱく質は、体を健康に維持するためには重要な栄養です。カナガンには、良質なチキンの生肉を加工して生産されているので、高齢猫の健康を維持するために必要なたんぱく質がしっかり吸収できるのがポイントになります。

獣医師が推奨しているシニア猫におすすめのシンプリーキャットフード!

グレインフリーであることから、高齢猫でも安心して食べさせることが出来る「シンプリー」。猫の食欲が増進される工夫が施されているので、いつまでも食欲が衰えることがないと言われています。

具体的には、どんな特徴を持っているキャットフードなのか、詳しく解説していきましょう。

獣医師が推奨しているキャットフード

猫の体を知り尽くしている獣医師が推奨しているキャットフードであるシンプリーは、高たんぱくで栄養豊富なのが高齢猫でもおすすめできる理由の一つです。

オリゴ糖や食物繊維など、胃腸の働きを補ってくれる成分がしっかり含まれているので、消化吸収もしっかり行えるのが大きなメリットになります。

サーモンやニシンなど高品質のたんぱく質が含まれている

シンプリーの主原料として、サーモンやニシンなどが73%も含まれています。高たんぱくで低カロリーであることが、高齢猫には大切なことなので、シンプリーであれば安心して与え続けることが可能です。

また魚の匂いが猫の食欲を刺激するので、食欲を増進させるきっかけにもなります。歳を重ねていくごとに食欲が減っていかないように、シンプリーで食欲を促していきましょう。

国産で安心感があるシニア猫にも合わせやすい「ねこはぐ」

全て人間が食べることが出来る材料で生産されているキャットフードである「ねこはぐ」。大切な猫だからこそ、安全な食事をさせてあげたいものです。そんな飼い主の希望を叶えるキャットフードとなっているのが特徴になります。

具体的に、どんな特徴を持っているキャットフードなのか、詳しく解説していきましょう。

国産の安心安全品質

100%九州の若鶏と鰹節で生産されているねこはぐは、野菜や雑穀米も国産で出来ているため、安心して愛猫に与えることができます。

さらにねこはぐに使用されている食材は、全て人間が食べられる食材(ヒューマングレード)で生産されているため、猫の健康維持に効果が期待できるのがポイントです。

無添加でノンオイルコーティング

猫にとっても人工添加物は、体調不良の原因になってしまいます。そのため、ねこはぐには人工添加物が一切入っていない無添加となっているのが特徴です。

また食欲を増進させるために、市販のキャットフードには添加物入りの風味オイルが使用されていることが多いのですが、ねこはぐはノンオイルコーティングで、素材そのままの味を猫に与えることができます。

猫にとって無駄な成分は除くように生産されているので、ねこはぐは安心安全なキャットフードであるといえるでしょう。

シニア期に入ったばかりでも安心の動物性タンパク質が豊富なジャガー!

こだわりの食材で、猫の健康のためにいい成分が豊富に含まれているキャットフードの「ジャガー」。高齢猫でも安心して食べ続けることが出来るほど、安全な食材が使用されているので、健康を考えている方にはおすすめです。

具体的には、どんな特徴を持っているキャットフードなのか、詳しく解説していきます。

安心のヒューマングレード

ジャガーに使用されている食材は、全て人間が食べることができるヒューマングレードの食材であるため、猫にとっても体にいいキャットフードとなっているのが特徴です。

専任の品質管理官がしっかり食材をチェックしているので、安心して猫に与えることができます。大切な猫に新鮮で安全なキャットフードを与えたい方におすすめです。

動物性たんぱく質が80%以上配合

猫にとって筋肉や毛を構成する上では欠かせない動物性たんぱく質。ジャガーでは鶏肉や鴨肉、サーミンやマスといった高たんぱくの食材が豊富に使用されているため、動物性たんぱく質が80%も配合されています。

しっかり食べ続けることで、体をしっかり作り上げてくれるので、毎日元気な体を維持することが可能です。

またグレインフリーであることから、腎臓に大きな負担がかからずに、安心して与えることができます。

まとめ

高齢猫にとって、毎日の食生活をしっかりしていないと、体に一気に負担がかかってしまい、すぐに食欲を失ったり、体調不良を引き起こしてしまう可能性があります。

そのためにも、今回紹介したキャットフードを参考に、高齢猫にどんなキャットフードを与えるといいのか、しっかり考えて与えるようにしてください。

特にグレインフリーや無添加であることは、高齢猫の体を労わる意味では重要な選択なので、選ぶ基準として検討しておくことをおすすめします。

愛猫の健康を維持するためにも、高齢猫に与えるキャットフードはどんなものがいいのか、飼い主が選んであげて、いつまでも元気な姿でいられるように気を付けてあげてください。