猫の種類別

ベンガルに与えるキャットフードの選び方とおすすめランキング

野性的な見た目で、運動量も他の猫と比べると活発であるといえる「ベンガル」。毛並みも綺麗でやんちゃなイメージがありますが、自分は飼い主に甘えてくる性格で可愛らしいのが特徴です。

そんなベンガルですが、どんなキャットフードを与えることが、健康のためにはいいのでしょうか?初めて飼うという方は、特に悩んでしまうはずです。

今回は、ベンガルに与えるキャットフードはどんな物がおすすめなのか、ランキング形式で紹介していきます。またキャットフードの選び方についても解説していくので、参考にしてみてください。

ベンガルに与えるキャットフードの選び方

活発で運動量の多いベンガルは、食事に気を付けていないと、栄養が足りなくなって毛並みが悪くなってしまうこともあります。

そんなベンガルに与えるキャットフードの選び方について解説していくので、キャットフード選びに悩んでいる方は参考にしてみてください。

1.高たんぱく

猫の品種的には、比較的大きい種類であるベンガルは、筋肉質で8kgを超える子もいるほどです。この筋肉量を維持するためには、たんぱく質が必要で、高たんぱくな食事を毎日させることがベンガルの運動量を維持するためには大切になります。

最低でもたんぱく質が35%以上は含まれているキャットフードを与える必要があり、基礎代謝が下がることを食事で補うことが重要です。基礎代謝が下がってしまうと、筋肉量が減り、元気がなくなってしまう恐れがあるので注意しましょう。

2.高脂質

運動量が多いベンガルには、エネルギーの消費が激しいことから、高脂質の食事をさせることが健康を維持するためには重要です。また食べ過ぎを防止するためにも、脂質の量が多い食事をさせて満腹感を与えることが大切になります。

ただ与え過ぎは肥満の原因になるので、一日に与える量はどれくらいか計算して、一定量を超えないように調整することが重要です。

3.グレインフリー

本来肉食である猫は、穀物を分解するアミラーゼが体内に少なく、穀物を摂取し過ぎると消化不良を引き起こしてしまう恐れがあります。

そのため、ベンガルに与えるキャットフードは、穀物が含まれていないグレインフリーのキャットフードを選択するようにしましょう。

ベンガルにおすすめのキャットフードランキング

ベンガルに与えるキャットフードの選び方を解説していきましたが、具体的にどんなキャットフードがおすすめなのか、気になる方も多いでしょう。

そんな方のために、ベンガルにおすすめのキャットフードをランキング形式で紹介していきます。興味がある方は参考にしてみてください。

1位 カナガン

毎日運動量が多いベンガルにピッタリの高たんぱく・高脂質のキャットフードである「カナガン」。グレインフリーであるため、消化不良の心配も少なく、消化吸収がいい食事が行えるので、いつまでも元気な姿を維持できる効果が期待できます。

また不要な添加物が含まれていない無添加であるため、ベンガルの体調を気遣うのであれば、おすすめできるキャットフードといえるでしょう。

2位 シンプリー

高たんぱく・高脂質であるため、ベンガルにおすすめできるキャットフードの「シンプリー」。主原料は魚で、ベンガルの食いつきがよく、さらにオメガ脂肪酸が豊富に含まれているのが魅力です。

オメガ脂肪酸は皮膚炎や関節炎の予防にも繋がるので、飼い猫の健康を意識するのであればおすすめになります。

3位 モグニャン

主原料が白身魚である「モグニャン」は、高たんぱくで食いつきがいいのが特徴です。またグレインフリーであることから、消化不良になる心配がないのが魅力になります。

さらに人工添加物が含まれていない無添加であることもおすすめできる理由の一つで、飼い猫の健康を意識するのであれば、おすすめできるキャットフードといえるでしょう。

4位 オリジン

人間が食べることができるヒューマングレードの食材のみが使用されているキャットフードの「オリジン」。高たんぱくであるため、ベンガルに与えるキャットフードとしておすすめできます。

また人工添加物が含まれていない無添加であるため、健康的にもおすすめできるキャットフードといえるでしょう。

5位 アカナ

高たんぱくな食事が可能な「アカナ」は、運動量が多いベンガルにおすすめのキャットフードです。またグレインフリーであるため、消化不良になる心配が少ないのもおすすめできる理由になります。

全ライフステージに対応しているため、年齢を重ねても与え続けることができるキャットフードになっているのも特徴です。

ベンガルにキャットフードを与える時の注意点

高たんぱくで高脂質な食事が理想的なベンガルですが、キャットフードを与える上で注意しないといけない点があります。

どんなことに注意しないといけないのか、詳しい内容を解説していくので参考にしてみてください。

1.基本的には多めに与える

運動量が多いベンガルは、消費カロリーも必然的に多くなるため、他の猫の品種と比べても多くの食事を必要とします。そのため、基本的には多めに食事を与えることが、ベンガルの健康を保つためには重要です。

目に見えて与え過ぎるのはいけませんが、少し多めに与えるくらいに留めておきましょう。

2.食欲旺盛のため頻繁におやつを上げるのはNG

活発なベンガルは、すぐにお腹を減らしてしまうため、与えるキャットフード次第では、すぐにお腹が空いたと訴えてくることがあります。言われた通りに頻繁におやつを与えていると、肥満の原因になってしまうこともあるため、食事の与え過ぎには注意が必要です。

食事は一定の時間にしか与えないと決めておき、食べ過ぎないように意識的に食事を制限させることが、ベンガルの健康のためにはいいでしょう。

3.キャットフードのコストには注意

ベンガルは他の猫と比べて食事の量が多い傾向にあるため、健康を意識したプレミアムキャットフードを毎日与えているとコストがかかります。そのため、一日当たりのコストには気を付けて無理のない金額のキャットフードを購入する必要があるでしょう。

高たんぱくで高脂質のキャットフードを選ぶことは重要ですが、経済的に厳しい場合は、キャットフードの金額を検討する必要があるので注意してください。

ベンガルを飼う時は運動不足に注意する

運動量が多いベンガルは、部屋が狭かったり、遊び相手がいない場合は、運動不足に陥ってしまうことがあります。その場合、食事の量が極端に少なくなることがあるので、運動不足になっていないかチェックしておきましょう。

運動不足にならないための対処法としては、多頭飼いをして他の猫と遊ばせるか、キャットタワーなどで縦の運動が行えるようにしておくことが大切です。日頃から一緒に遊んであげることも重要なので、時間がある時は相手をしてあげるようにしましょう。

まとめ

ベンガルは他の品種よりも大柄で動きが活発であるため、食事には十分気を遣うようにしましょう。高たんぱくで高脂質であることはもちろん重要ですが、食べる量にも注意しておくことが大切です。

食べ過ぎでは肥満の原因になりますが、食欲がない時は病気や運動不足を疑った方がいいかもしれません。

与えるキャットフードはグレインフリーで無添加の物が理想ですが、食べる量が多いため、コストがかかることも考えておく必要があります。

経済的に無理があるキャットフードでは後が続かないので、経済的に無理のない範囲でキャットフードを選びましょう。